永久脱毛は永久じゃない?

正しいムダ毛処理

心地よい気温が続く春、水着など露出度の高い服装が増える夏になると
女性にとって一番の悩みの種となるのが『ムダ毛』ではないでしょうか。

 

 

エステなどで永久脱毛したくても、金銭的・時間的な理由から
圧倒的に自宅で行う方が多いようです。脱毛・ムダ毛処理には実に様々なやり方があります。

 

 

例えば、入浴時にシェービングする方法や脱毛器具
擦るだけでムダ毛が目立たなくなるという商品や痛々しい脱毛テープ、毛抜きなどがあげられます。

 

 

剃ると毛が太くなるからと言う人もいますが、それは剃る際にシェービングの刃が毛の太い部分に当たってカットされ
太い部分の断面がそのまま伸びるため太く見えるだけなので剃ったから太くなるわけではありません。

 

 

毛抜きや脱毛テープなどは、力任せに抜く形になってしまうので毛穴そのものを傷めかねません。
傷んで赤くなってしまった毛穴は怪我をしているのと同じなのです。
繰り返してるうちに毛穴が黒ずんだり目立ってきてしまう原因ともなります。

 

 

抜いても剃ってもすぐ伸びてしまうため出来るだけ手間が掛からない方法で処理をしたい人が多いと思います。
しかし、入浴の際に濡れた肌へ泡などをつけてシェービングするのは手っ取り早いですが
湿った肌はとても敏感になっているので、そこに刃を当てるというのは実はとんでもない事。

 

 

濡れてない肌に保湿クリームなどでしっかりと肌を保護してから
脱毛用のシェービング剤で剃ったあと、よく洗い流して仕上げに2、3回ほど
万遍なく保湿してあげるくらいの気持ちで優しく丁寧に処理することがポイントです。

2014/04/10 23:52:10 |
毛深い人はサロンに行く為の費用が少し高くなってしまいますので、自己処理をされる方も多いですよね。しかし、ムダ毛処理というのはどうしても肌を傷める可能性が出て来ますよね。もし、肌を傷めているのでしたら、方法などを変える必要が出て来るのではないでしょうか。肌を傷めない為にはやはり脱毛サロンや、脱毛器を利用しなければならないと思います。しかし金銭的な問題でなかなか行けないという方もおられるでしょう。そういった方は利用する回数を減らせば良いのかもしれません。他にも、毛が生えにくくなる事を謳った製品も最近では出ていると思います。しかし、効果はあまり期待なしない方が良いかもしれません。他にも除毛剤を利用す...
詳細を見る